会社を存続させる方法|企業買収を利用して事業拡大を目指す《賢い経営戦略》
Merger

企業買収の特徴《M&Aで会社を守る》

会社を存続させる方法

男女

大小様々な企業

国内には大小問わず様々な企業が存在しています。小さな企業でも独自のサービスや製品で利益を生み出している場合もありますし、逆に大企業だからといって必ずしも経営が良いと決まっている訳ではないのです。

経営が傾いてきた場合

どの企業にとっても経営不振は懸念すべき部分になるでしょう。この場合、いくつかの方法で経営再生を図ることが出来ますがM&Aという企業買収が最も効率が良くメリットも大きいとされています。

M&A

M&Aは企業買収と企業売却の両方が行なわれる取引や投資の一部になっています。もし、経営不振で会社の存続が難しい状況に追い込まれているのであれば企業を売却するのも一つの選択肢と言えます。

売り手側のメリット

企業を売ることによって経営権を買収した企業が得ることになりますが、従業員や技術、サービスや顧客などを引き継ぐことが出来るので倒産や廃業に比べると損失はゼロに近いでしょう。跡継ぎの問題を抱えている企業にも企業買収はメリットになりますよ。